2014年09月27日

焼酎:大海蒼々(そして5年ぶりの『芋』)

焼酎:大海蒼々(そして5年ぶりの『芋』)01
焼酎:大海蒼々

芋焼酎

米麹

大海酒造株式会社

いつもお世話になっているお店。
そこに行くきっかけとなった大海酒造さんの芋焼酎・大海蒼々。
(もうほとんど空なのですが。)
これを注文したときは未だ暑くて、一本は水割りが合うものを、とお願いしてこちらになりました。
(私はもっぱらお湯割り派なのですが)

裏面のラベルにはこんな文字が。
 平成14年から秋田県横手市の浅舞酒造(銘柄:天の戸)に日本酒造りの勉強に行っています。
 日本酒造りの難しさや緻密さを学ぶ中、寒造りでの醪の低温発酵に刺激を受け芋焼酎への応用を模索し、何度も試作を繰り返すうち、減圧蒸留で果実のような甘い香りと爽やかながらも、ふくよかな味わいを醸し出すことが出来ました。浅舞酒造の森谷杜氏とのコラボをお楽しみください。


何となく夏向け、お湯割りよりもロックとか水割りに相性が良い感じがしました。
ので、お湯割り派の私はもっぱらこちらを。

焼酎:大海蒼々(そして5年ぶりの『芋』)02
焼酎:芋

芋焼酎

芋麹

国分酒造協業組合

実はちょうど5年目に一度呑んでいる芋焼酎。
もう味は覚えていなくて、5年ぶりに呑んでみてどう思うだろう、なんて思いながら発注を。

一口目は『あっ結構ざらざらした感じだな』と思ったものの、二口目からは美味しくいただく。
ま、いつもの事です。

こちらももう空、次の芋焼酎をお願いしてあります。
今度は、二本とも初銘柄・お湯割り向け。
開栓が楽しみです。


 ネットビジネスを応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・焼酎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104013002
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック