2014年09月21日

行きはよいよい帰りは怖い〜 魚見峠 牧谷峠はまさにこんな感じでした〜

行きはよいよい帰りは怖い〜牧谷峠はまさにこんな感じでした〜01

良い眺め〜。
さほど遠くもないし、この程度の坂なら大丈夫(ようやく昨年の感じが戻ってきたかな)。
なんて思っておりました、往路は。

まあ、とんでもない勘違いでしたね。

行きはよいよい帰りは怖い〜牧谷峠はまさにこんな感じでした〜02

『魚見峠』、と言うところへ。
今日はそんなに長距離は走られず、しんどかった『夕霧峠』の本番に向けた練習もしたくて、坂が良いな、と。

この越前市の方から進んでいってこの看板を右折、そう予習しておりました。

行きはよいよい帰りは怖い〜牧谷峠はまさにこんな感じでした〜03

注意事項がいろいろと。
まあ、自転車は通れるんでしょう、きっと。

行きはよいよい帰りは怖い〜牧谷峠はまさにこんな感じでした〜04

その看板から直ぐにこの坂。
10%以上の傾斜はありそうな…、頑張りましょうね。

行きはよいよい帰りは怖い〜牧谷峠はまさにこんな感じでした〜05

路肩崩壊と言われても…。
はい、注意します。

そしてたどり着いたのが最初の写真の場所。
未だ登るのか〜っと言うよりも、あ〜来て良かったな〜っと。
このくらいの坂なら、ギヤを残してシッティングで。

行きはよいよい帰りは怖い〜牧谷峠はまさにこんな感じでした〜06

きっとここが峠かな、下りが始まります。

行きはよいよい帰りは怖い〜牧谷峠はまさにこんな感じでした〜07

そこからが結構な傾斜、明らかにすべり止め加工をしたな、という場所が有り。
恐る恐るガーミン(Edge500)を見ると傾斜は『−14%』。
それにしても前輪の振動が堅いな〜っと思って見たら、ペチャンコでした。
速度が出ていないときで良かった。

下りきったところは何処?
と思いながら進むと、ガーミン(eTrex30)の地図に見覚えのある形が。
たどり着いた南条ICのコンビニで軽く昼食を済ませて、来た道へ。
そのまま平地を帰っても良いのです、せっかくの結構な登り坂、通って帰りましょうと意気揚々と。

まあ、大きな勘違いでした。
ギヤを残してシッティング?
とんでもない。
ギヤを使い切りダンシング…、ANCHORになってから初めての引き脚をめいっぱい使ってのダンシング。
距離が長かったら、脚、ついてましたね。
夕霧峠をノンストップでクリヤしたでしょ、という経験値だけが支えでした。

行きはよいよい帰りは怖い〜牧谷峠はまさにこんな感じでした〜08

なんとか峠をクリヤして、後は下り…。
途中で湧水を補給して、帰路へ。

身近な場所にも結構な坂があるのですね。
もしかして、おらが町鯖江にもこんな坂があるのかも。
だんだんと肌寒い季節になってきました。
どんどんコースを開拓せねば、今シーズンももうあと僅かですから。


 創業・開業を応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・ロードバイク(自転車)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103830928
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック