2014年09月14日

コース折り返し地点のラスボスは確かにラスボスだがまだ残党が控えていた:BRM1004試走に再チャレンジ

コース折り返し地点のラスボスは確かにラスボスだがまだ残党が控えていた:BRM1004試走に再チャレンジ01

え〜っ最後の最後でこの坂か〜っ。
壁じゃねえか〜っ。
と罵りながらダンシング。

この展望台にANCHORを立てかけたときは嬉しかった…。

コース折り返し地点のラスボスは確かにラスボスだがまだ残党が控えていた:BRM1004試走に再チャレンジ02

200kmのサイクリングの試走に行って来ました。
前回は途中で呼び戻されたので、リベンジ。

この坂は『夕霧峠』と言うそうな。
高度約800m、距離約13kmを85分かかって登り切る。
前回の経験が無かったら、eTrex30の助けながなかったら、脚をついていましたね、きっと。

下りは早い、20分程度で。
念のためにと羽織ったウインドブレーカーも下り終わるとばたついて邪魔になる、BRM1004当日はどうしようか。
でもきっと、無いと寒いんだろうな。

コース折り返し地点のラスボスは確かにラスボスだがまだ残党が控えていた:BRM1004試走に再チャレンジ03

予定どおり、道の駅福光で昼食。
予定どおり、『麦屋ポーク丼』を注文。
予想に反し、小さい。
これなら2つはいけるな、おやつに吉野家にでも入ろうか。
そんなことを思いながら後半戦スタート。

もうラスボスは倒したから後は平坦…、と思い込んでおりましたがどっこい。
『え〜、誰やこんなコースを設定したの。』
と思わず叫んでしまったこと数回。
コースの予習はしっかりとしておくべきですね。

コース折り返し地点のラスボスは確かにラスボスだがまだ残党が控えていた:BRM1004試走に再チャレンジ04

今回のBRM1004のコースには『金沢強制観光』部分が含まれています。
お陰様で、一度も訪れたことの無いこんな場所へ、自転車ウエアが場違いな二人が通り抜けたのでした。
(観光名所も事前学習が必要ですな。)

コース折り返し地点のラスボスは確かにラスボスだがまだ残党が控えていた:BRM1004試走に再チャレンジ05

チェックポイントのサークルK 白山曽谷町店。
『そんな重装備で(夕霧峠へ)言ったんですか?』と地元のサイクリストの方に。
そりゃあトリプルボトル+大きなサドルバックは重装備なのでしょうが、こんな装備でないと県外への200kmは走られません。外部バッテリーなんかも携帯していますし。

実は今回もここでDNF。
ここまでの距離、145km。
実は、このまま本来のコースを走って残り70kmほど。
来た道を戻って60kmほど。
さほどかわらないのですが、ちょっとでも短い方が良かろうと。

3回目の試走は…、本番当日かな。


 助成金・給与計算・社会保険のご相談なら鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・ブルベ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103652098
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック