2014年07月06日

RL8のタイヤを交換、一旦標準に帰ります。

20140706s.jpg
昨年秋にANCHOR・RL8のタイヤを交換。
ブルベで300km走る前に交換しておこうと、『SERFAS(サーファス)SECA RS』に。

タイヤ交換をしてこんなに感じが変わるものか、
と思った記憶があります、結構堅い感じになりました。

その新品のタイヤはブルベでパンク。
験直しに後輪だけは以前のタイヤに戻して走っていたのですが、
その後輪のタイヤもいよいよ交換時期。

とりあえず、パンクした験の悪いタイヤに交換したら、
な〜んか、走りが楽しく無い。
気のせいかも知れませんが、楽しく無い。
極めつけに、海岸線沿いでパンク、細い針金のような物が刺さって。
やっぱり験が悪いタイヤなのかしらん。

これはやはり、タイヤを前後とも交換でしょう。

昨年での選択肢はこんな感じ、いずれも23Cのもの。
・コンチネンタルGRANDPRIX4000S 23C
・Panaracer(パナレーサー) RACE type D 700X23C

23Cよりも太い25Cの方が転がり抵抗が少ないよ、
なんて事も聞いて25Cにも心動いたのですが、
今回は『ブリジストン・エクステンザ・RR1X』(23C)
そう、ANCHOR・RL8の標準装備品です。

一旦、自分の感覚を標準に戻して、他のタイヤの感触を試すのはそれから。


こんな事を書いておきながら、まだタイヤ交換後のRL8に乗れておりません。
天候であったり膝の違和感であったり。
RL8+RR1X、RL8購入当時はどんなんだったのか、早く乗ってみたい、です。


 創業・開業を応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・ロードバイク(自転車)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101519695
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック