2015年10月07日

本人へ交付する源泉徴収票などへの個人番号の記載は行わないこととなりました。

20151007.png

所得税法施行規則等の改正が行われ、給与などの支払を受ける方に交付する源泉徴収票などへの個人番号の記載は行わないこととされました。

改正前は
『税法上、本人に対して交付義務のある源泉徴収票については、本人及び扶養親族等の個人番号を記載して本人に交付しなければなりません。』
という取扱でしたが、改正されました。

続きを読む”本人へ交付する源泉徴収票などへの個人番号の記載は行わないこととなりました。”
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・マイナンバー