2014年06月17日

所得拡大促進税制と賃金集計表は相性が良い?

所得拡大促進税制と賃金集計表は相性が良い?01

所得拡大促進税制の条件が改正になっていますよね。
平均給与等支給額の比較方法が、
『日々雇い入れられる者のみを除いて計算』から、
『「継続雇用者に対する給与等の支給額」と、それに係る支給者数に限定して比較』に。

また、継続雇用者とは、簡単にはこんな感じでしょうか。
適用年度及びその前事業年度において給与等の支給を受けた国内雇用者で、
雇用保険法第六十条の二第一項第一号に規定する一般被保険者に該当する者に限り、
高年齢者等の雇用の安定等に関する法律に対して支給したものを除く。

となると、月々の雇用保険の対象人数・その支給額の把握から必要となります。
従業員数が数名なら手計算もやりますが、50人100人規模になってくると、さあどうしましょうか。

続きを読む”所得拡大促進税制と賃金集計表は相性が良い?”
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・税制改正