2013年11月27日

相続税の調査での非違割合は北陸が高めなのか?

平成24事務年度における相続税の調査の状況について
平成23事務年度 平成24事務年度
 1.実地調査件数 13,787件 12,210件
 2.申告漏れ等の非違件数 11,159件  9,959件
 3.非違割合 80.9% 81.6%
 4.申告漏れ課税価格 3,993億円 3,347億円

国税庁から、『平成24事務年度における相続税の調査の状況について』が公表されています。

続きを読む”相続税の調査での非違割合は北陸が高めなのか?”
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・相続や贈与について