2013年11月12日

増改築した家屋の評価方法はどのように?

増改築した家屋の評価方法はどのように?

相続・贈与の際の財産評価では、家屋の評価はこの様に。

(家屋の評価)
89 家屋の価額は、その家屋の固定資産税評価額(略)に別表1に定める倍率を乗じて計算した金額によって評価する。


倍率は、川中が知るところでは『1.0』。
つまり、家屋の評価額は固定資産税評価額に等しい、と考えて良さそうです。
(もちろん、貸家など、これと異なる場合も有りますが。)

でも、家屋に増改築が有ったときはどのように?

増改築した際に、市町村担当の方が確認されて固定資産税評価額を変更されればそれで良いのでしょうが、実際にはなかなか。
それでも、固定資産税評価額と考えれば良いのでしょうか?

続きを読む”増改築した家屋の評価方法はどのように?”
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・相続や贈与について