2013年06月26日

住宅を取得するとお金が貰えるようになるのでしょうか

住宅を取得するとお金が貰えるようになるのでしょうか

自民、公明の両党は来年4月に消費税を8%に引き上げた場合、住宅購入者に対して最大30万円を給付すると発表しました。
というニュースが。

それによると、
『給付の対象はローンを組んで住宅を購入した人で、年収が510万円以下の場合は10万円、475万円以下の場合は20万円、425万円以下の場合は30万円とそれぞれ支給します。また、現金で住宅を購入した人でも、50歳以上で年収が650万円以下の場合は対象とします。』と。
もちろん、正式決定はまだなのでしょうが、それも遠くないことなのでしょう。

実務家としては手続面が気になります。
住宅ローン減税のように、確定申告が条件だな、きっと、とか、
給付された金銭は、所得税・住民税がかからない措置が設けられるに違いない、とか。
はたまた、ローンの額は10万円でも良いのかな?、とか。

結局のところは法案が成立してからの事なのですが、また1つ、注目すべき制度が生まれそうです。


画像は、TBS NEWSから転載・加工させていただきました。


 ネットビジネスを応援する鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・徒然なるままに