2013年03月29日

国税の納税証明書台紙が平成25年4月1日以降発行するものから改定されます

国税の納税証明書台紙が平成25年4月1日以降発行するものから改定されます

 この度、国税の納税証明書台紙を変更することとし、平成25年4月1日以降発行するものから、全国一斉に新しい台紙に切り替えることといたします。
 改定後の台紙には、コピー機等で複写した場合に浮き出る「隠し文字」に加え、視線を変えることで二つの画像が現れるマーク、マイクロ文字、ホログラムなどを施しています。

こんな記事が国税庁のHPに掲載されていました。
特段、何も気に留める事は無かったのですが、
こんな記事も目に。

不審な納税証明書にご注意ください
納税証明書を融資等の審査に利用される金融機関等の皆様へ
 正当に発行された納税証明書の内容を改ざんし、金融機関に新規融資の申込みをするという事例が確認されています。

なるほど、です。
その様な事があったので防止策を講じた、と言う事でしょうか。
その内、役所から発行される全ての証明書類にこの手の処理が施されるようになるのかも知れませんね。

さ、来週から4月。気持ちも新たに頑張って行きましょう。


上の画像は、国税庁のHPから転載・加工させていただきました。


 助成金・給与計算・社会保険のご相談なら鯖江の税理士法人川中経営
  税理士・ITコーディネータ 川中重司
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・徒然なるままに