2012年03月02日

がん保険・医療保険の保険料が全額経費ではなくなる日

がん保険・医療保険の保険料が全額経費ではなくなる日

「法人契約の『がん保険(終身保障タイプ)・医療保険(終身保障タイプ)』の保険料の取扱いについて」(法令解釈通達)の一部改正(案)等に対する意見公募手続の実施について
が、e−Gov(イーガブ)に掲載されています。


改正等の背景には下記の記載が。

 がん保険(終身保障タイプのものに限ります。以下同じです。)は、保険期間の前半において支払う保険料の中に前払保険料が含まれておりますが、法令解釈通達発遣当時はその保険料に含まれる前払保険料の割合が低率であり、かつ、保険期間の終了に際して支払う保険金がないことから、平成13年8月10 日付課審4‐100「法人契約の『がん保険(終身保障タイプ)・医療保険(終身保障タイプ)』の保険料の取扱いについて」(法令解釈通達)により、終身払込の場合にはその支払の都度損金の額に算入し、有期払込の場合には保険期間の経過に応じて損金の額に算入する取扱いを定めたところです。
 しかしながら、上記法令解釈通達の発遣後 10 年余を経過し、保険会社各社の商品設計の多様化等
により、がん保険の保険料に含まれる前払保険料の割合及び解約返戻金の割合にも変化が見られるこ
とから、その実態に応じて取扱いの見直しを行うものです。

続きを読む”がん保険・医療保険の保険料が全額経費ではなくなる日”
posted by 福井県は鯖江市の税理士 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・税制改正